1. HOME
  2. HEALTH INSURANCE

健康保険適応の鍼灸治療

次の疾患については健康保険を使った鍼灸治療が可能です。
1.神経痛、2.リウマチ、3.頸腕症候群、4.五十肩、5.腰痛症、6.頸椎捻挫後遺症、その他これらに類似する痛みを伴う疾患など。

受診までの流れ

医師の同意書が必要になります。同意書を医院・病院等に持参し診察を受け、同意書に必要事項を記入をしていただきます。必要書類をお渡ししますので当院へお越しください。
同意書をお受け取りになりましたら、同意書、保険証、認印をお持ちになり御来院ください。

保険適応の鍼灸治療についての注意点

保険適応の疾患を鍼灸の施術で行う場合、他の医療機関にて同じ疾患を受診できません。

医師の同意書の有効期限は3ヶ月間です。それ以後は3ヶ月毎に再度、同意が必要となります。但し、治療を継続する場合には同意書に記入してもらう必要は無く、口頭でも結構です。
健康保険の種類によっては、取り扱いが出来なかったり、患者さん本人が手続きをしなければならないものもありますのでお問い合わせ下さい。


お問い合わせ:


生活保護法(生保)の医療扶助、労働者災害補償保険(労災)、自動車損害賠償責任保険(自賠責)
これらにつきましてもお問い合わせください



同意書を作成するにあたり医師の先生方へ

「医師の目の届かない診療所以外の場所で、自分の患者様に鍼灸師がどういったことを行なっているか分からない。」

ので同意書が書けないと仰る医師の先生は多いと思います。当院では「同意書の有効期間ごとに来院日や施術内容を記載した施術報告書」を作成し、再同意をお願いする場合には患者様に持参していただき、再同意せずに中止ないしは治癒の場合には当院から同意医師宛に郵送いたしております。
患者様からの依頼とは言え、見ず知らずの鍼灸師宛に同意書の作成を求められて困惑するのは当然と思います。しかし、少しでも患者様が痛みから解放されるよう努力している多くの鍼灸師に、ご理解とご協力をお願いいたします。

往療について

止むを得ず当院までお越しになれない場合、往療ができます。ただし当院より半径6km圏内に限ります。

この赤く塗られている範囲です。この範囲を超える場合にはご相談ください。

お問い合わせ:


Page Top